▼そーせいグループ(4565) 短期的な振るい落とし終了?

4565 そーせいグループ
9/28終値9,110 前日比+10(+0.11%)

会社四季報ONLINEに今日28日付でそーせいを買い戻し、短期的な振るい落とし終了?って記事が掲載となってますが、9月6日安値8,590円から株価を上げ5日線が25日線を上抜けてきてますね。

ずるずると株価を下げてきている印象ですが、また昨年みたいに強い動きをしてこないものですかね。

戻り売りもありそうですし上値は軽くなさそうな印象ですが、チャート的には面白そうなので久しぶりに株価の動きに注目してみたいと思います。

株で勝つ!!そのためには情報が必要です!!
急騰株で資産増を狙う人にオススメ!!⇒


▼下記、クリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
※注目銘柄はあくまで当ブログの独自予想です。個別の銘柄購入を推奨するものではありません。株式投資は自己責任にてお願いします。

▼ウルフ村田(村田美夏)引退か?

画像アンジェス
4563 アンジェス
8/10終値583 前日比-1(-0.17%)





ウルフ村田(村田美夏)が命と完全引退をかけたアンジェス、7月26日高値884円まで株価を上げるも2つの新薬開発プロジェクト中止などで9日安値529円まで下落。

短期で1,000円にならなかったら完全引退ってことは、8月19日あたりまでに1,000円いかなかったら引退するってことですかね?



昨日ごめんなさいってツイッターで謝ってたけど…アンジェスってウィキペディアに書かれている内容を読むとなんか資金不足をこのままな感じでどうにかし続けれるのかなって気が…。

2016年12月期第3四半期 決算発表にて収益がないための資金不足を繰り返し警告。今後も増資を続けると宣言(役員報酬のカットも給与カットも相変わらずなし平均給与900万円は維持すると決定)。今後も繰り返し増資しなければ上場は維持できないと投資家に警告。もはや市場を悪用して上場維持、高額の給与を確保する場となっている。19日にはクレディ・スイス証券を割当先とする第三者割当で行使価額修正条項付新株予約権を発行すると発表した。手取概算で20億を調達するがコストカットをしないため慢性的な資金不足は解決できず綱渡りが続く。


アンジェスのホルダーってこういうの分かってて買ってるんですかね?

というか何で役員報酬のカットも給与カットもしないんですかね…。

こんな状況なのに増資を続け平均給与900万円を維持って…。

なんだか見放されて終了となる可能性がこわい銘柄ですね…。

株で勝つ!!そのためには情報が必要です!!
急騰株で資産増を狙う人にオススメ!!⇒


▼下記、クリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

※注目銘柄はあくまで当ブログの独自予想です。個別の銘柄購入を推奨するものではありません。株式投資は自己責任にてお願いします。

▼iPS細胞由来の若返り抗原特異的T細胞に関する基本特許が国内で成立

4594 ブライトパス・バイオ
7/24終値525 前日比-3(-0.57%)

今日24日取引終了後にブライトパスが発表しているIRが良さそう。

iPS細胞由来の若返り抗原特異的T細胞に関する基本特許が国内で成立

特許登録となった技術・方法の具体的な内容
T細胞は、病原体やがんに対する獲得免疫の中心的な役割を果たす細胞で、特に、細胞傷害性T細胞(CTL)は、ウィルスや腫瘍由来の抗原ペプチドを認識し、この抗原を持っている細胞だけを特異的に攻撃します。この度の特許は、このような特定の抗原だけを攻撃するヒトT細胞から、iPS細胞を経て、再分化させてCD8シングルポジティブ細胞またはCD4シングルポジティブ細胞を作り出し、元のヒトT細胞と同じTCR遺伝子の再構成パターンを有するT細胞の出現頻度を極めて高くすることを技術的特徴としています。
これまで、体外で機能性の高いCTLを大量に確保するために、一旦iPS細胞へ初期化して再分化させる方法が検討されてきましたが、再分化の効率性に課題がありました。本特許の技術は、その課題を解決するものです。
近年、がん免役細胞療法の一つとして、がん患者自身の末梢血中のT細胞を加工・培養して投与するT細胞療法の研究開発が進んでいますが、患者末梢血から採取した時点や体外で処理している時点でT細胞が疲弊して機能性が落ちるという問題を抱えています。この問題に対し、本特許発明は一度iPS化を経ることで抗原特異性を保持したまま生物的活性の面で“若返った”T細胞の量産が可能となるため、より治療効果のあるT細胞療法の創生につながることが期待され、新たながん免疫細胞療法のための製造技術の確立に道筋をつけるものと考えられます。


PTSで爆上げしてるけど明日はストップ高ですかね。

良さそうなタイミングがないか今後の動きに注目してみたいと思います。

株で勝つ!!そのためには情報が必要です!!
急騰株で資産増を狙う人にオススメ!!⇒


▼下記、クリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

※注目銘柄はあくまで当ブログの独自予想です。個別の銘柄購入を推奨するものではありません。株式投資は自己責任にてお願いします。

▼中国特許付与が決定!

4583 カイオム・バイオサイエンス
7/21終値432 前日比+2(+0.47%)

独自の創薬基盤技術であるADLib®システムを核とした抗体医薬品の創薬事業および創薬支援事業等などを行っているカイオム・バイオサイエンスですが、今日21日取引終了後にIRが発表となってますね。

ヒト化DLK-1抗体に関する中国特許付与決定についてのお知らせ

また寄り付き高いだけで上値は重い感じかなって気もしますが、IR発表を受けての来週月曜寄りからの動きに注目しておきたいと思います。

株で勝つ!!そのためには情報が必要です!!
急騰株で資産増を狙う人にオススメ!!⇒


▼下記、クリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

※注目銘柄はあくまで当ブログの独自予想です。個別の銘柄購入を推奨するものではありません。株式投資は自己責任にてお願いします。

▼富士フイルム株式会社との共同研究契約締結を発表!

4575 キャンバス
6/26終値844 前日比+42(+5.24%)

今日26日取引終了後にキャンバスが良さそうなIRを発表してますね。

富士フイルム株式会社との共同研究契約締結について

当社は本日、富士フイルム株式会社(本社:東京都港区、社長:助野健児)との間で、ペプチドなど中分子による免疫系抗癌剤の共同研究契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

本共同研究において当社は、ペプチドを用いた抗癌剤候補品の創薬研究で蓄積してきた当社の経験を活かし、富士フイルムが合成・設計した候補化合物の薬効評価を実施します。
詳細は別紙の共同プレスリリースのとおりです。

本件による当期業績への影響はありませんが、中長期的には、これまでCBP501やCBS9106の研究開発を通じて培ってきたさまざまな知見やノウハウをもとに免疫系抗癌剤研究開発を重層化する取り組みであり、当社の企業価値に大きく寄与するものであると考えています。


研究内容は難しくて良く分かりませんが、富士フイルムのような東1銘柄との共同研究契約が締結したというのは良さそうな材料ではないでしょうか。

IR発表を受けての明日からの動きに注目してみたいと思います。

株で勝つ!!そのためには情報が必要です!!
急騰株で資産増を狙う人にオススメ!!⇒


▼下記、クリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

※注目銘柄はあくまで当ブログの独自予想です。個別の銘柄購入を推奨するものではありません。株式投資は自己責任にてお願いします。

プロフィール

株バカ!

管理人:株バカ!
「株バカ!」がお送りする「株バカ!ブログ」です。株歴はまだ浅いですが、株が大好きでたまりません!サラリーマンです!仕手関連好みます!

注目している銘柄記事

ブログ村ランキングなど

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村